前へ
次へ

慌てないためにも葬儀マナーを知っておくこと

誰でも常に考えておかなければならないものに葬儀というものがあります。これはいつあるか誰にも分かりませ

more

じっくりと葬儀マナーを身に付けて行く

基本的に、葬儀マナーに関しては、きちんと時間をかけて勉強するべきだといえます。自ら進んで勉強すること

more

葬儀マナーが身に付けられるようにする

これから葬儀マナーを身に付けたいのであれば、どのようなやり方で勉強するのが1番なのかを検討し、その上

more

葬儀マナーとしての席順の取り決め

ごく一般的な葬儀においては、喪主及び遺族など、それなりの席順に葬儀マナーとしてのルールがあります。席順によりまして一体誰が喪主であるのか、故人とどういった関わりがあるかなどを、参列者に判りやすく指し示す目的があるためです。 席順を取り決めてお焼香の一連の流れをスムーズにすることは重要といえます。 日本に於いては、葬儀の数多くが仏式葬儀になります。仏式葬儀においては、葬儀におきましてお焼香を実施します。お焼香に関しては喪主、遺族、親族、一般会葬者の順番で実施します。葬儀マナーとして先だって席順を決定することを通して、お焼香の順番をスムーズに行うことにもつながります。 葬儀での席順は、故人の配偶者や喪主など故人に対しての関係性や血縁関係が非常に近い人から順番で上座に座ることになります。通路を挟み祭壇にかけて右が親族席、最前列の通路サイドの席が最上座になります。上座より、配偶者それから、喪主と家族、子、孫というような順番で家族括りで座ることになります。 そして通路を挟んで祭壇より向かって左が一般参列者の席になります。親族席と同じく前列通路サイドの席が最上座になります。そして、世話役、葬儀委員長などが最上座に座って、この後は友人、勤め先の関係者と故人との関係が非常に近い順番で座ることになります。一歩下がって後列に着座する方が少なくないので、前列席が空いてしまうことがないよう気をつける必要があります。 葬儀の席は故人との関係によって確定されるわけですが、年配者の方に上座に、新生児連れの方は離席することが楽な末席になど事態に合わせて気配りをすることが重要になります。場所やしきたりなどで席順の確定していることもあり得ます。わからない箇所がある場合は葬儀会社関係者や血族の年配者に確かめるとうまくいくでしょう。 また、家族葬などでは会場の配置が一般葬と違うケースがあります。柔軟性の高い葬儀スタイルなので席順のルールがあるということはないですが、祭壇や棺に非常に近い席に配偶者や喪主が着座するようになっています。

https://kobeihin.com/tokushu.html
汚染された現場の臭いまで片付ける神戸の特殊清掃業者です

https://toyoake-dent.jp/works/child/
お子様の口内指導は二村台交差点歯科にお任せください

Page Top